fc2ブログ

ワタシタチノミドリ

今、仙台市にある貝ヶ森の緑が失われようとしています。 この場所を少しでも多くの人に伝えることを通して、 開発によって緑が脅かされていること、 そして仙台市の緑地保全を呼びかけていきたいと思います。

森の現況


ここ数日、住民の何人かが『ケーン、ケーン』と雉が声高く啼くのを
聞いております。
昨年は、駅ビルとキャンパスの工事がうるさかったためか、雉はどこかへ
お引っ越しをした様でした。

雉をはじめ、暖かくなって鳥たちのさえずりが、たくさん聞こえております。
森の様子がどうなっているのか、仙山線の向こう側(国見1丁目)から
見てみました。
緑が萌え、とてもきれいでした。
この緑を全て失う宅地造成が、何とも『もったいない!』と思うのは
私のわがままなのでしょうか。

banner
できるだけ多くの方にこのブログを見て頂くために、
一日一回のクリックをお願いします。

貝が森団地ができるずつと前は
いつぱい雉がいたのになあ
隔世の感と常識・価値観に違和感あり

2007.05.12 17:32 URL | wqiuiou #- [ 編集 ]

そう!
貝ヶ森団地ができるまで
ずーっと前までは・・・

河北新報をはじめとするメディアが
全く取り上げない理由を考えた方が
良いかと思いますね。

もっとストレートに
「新しく住宅地ができるのは現住民として認めたくない!」
と、素直に主張すべきかと思いますが。

2007.05.13 01:57 URL | めんちかつ #- [ 編集 ]

 雉がどこで鳴いていたのか、どういうつもりで鳴いていたのかはわかりません。大きな森だったところを切り開いて宅地造成した場所に住んでいると思われるかたが、「最後に残った緑が宅地造成で失われるのがもったいない」と主張することが理解できません。
  
 新しい駅、いいじゃないですか。みんながマイカー利用を少しでも控えて、公共交通機関を利用すれば二酸化炭素排出量も減るでしょう。
 署名を集めているかたに、「駅ができたら便利でしょう?」といったら、「自動車で移動するので駅ができても関係ない」と言われた時には唖然としましたが・・

2007.05.16 00:28 URL | コロッケ #- [ 編集 ]

週末は自家用車でジャスコへお買い物いくんダラウから、ジャスコを見習い皆でお庭に樹木を植えればいいじゃあないか。
アチラこちらから人の受け売りや孫引きしたものをここで書き綴るよりも、よっぽど良いと思うが如何か。
そもそも、森林を切り崩して成り立つ貝が森と、青葉山を同じ水準で語ることは、謙虚じゃあないと思うよ。

2007.05.19 23:32 URL | wqiuiou #- [ 編集 ]

JR東日本の社長の記事、希望が少し持てますね。結局、環境に配慮を謳うことが会社のイメージ向上につながるから、というだけのパフォーマンスでしかないのだと思いますし、売ってしまった土地はもうどうしようもない、「しょうがない」のだと、かわされてしまうのは明らかです。それでも、JRに働きかけるときの手がかりにはなるかもしれません。

鉄道防備林の標識は、3月に電車の車窓から見つけ、ちらりと以前のコメントにも書きました。写真入で紹介してくれてうれしいです。何のための防備林か定かではありませんが、山を切り拓いて鉄道を通しているようですから土砂崩れを防ぐための林なのかもしれませんね。蒸気機関車が煙をもくもく出す当時は、鉄道の脇を宅地にしようという発想はなかったでしょう。しかし、電車は住宅地のすぐ脇を通ってもかまわないし、駅の近くは宅地として売れるから売る、売れるものを売って何が悪いというのが、JRの基本姿勢ではないでしょうか。在来線ではそれほど目立ちませんが、駅でのいろいろな宣伝を見せつけられていると、JRは営利を目指す企業であり、明るい宣伝の陰で安全や環境は軽視されているように思えてなりません。

日ごろ、JRをかなり利用していて、お世話になりながら、考えさせられることも多いです。

7月7日でコメント出せないようなのでこちらから出しました。



2007.07.09 18:18 URL | むじな #- [ 編集 ]

>むじなさん
 ご返事する立場ではないのですが、いつもコメントありがとうございます。
 戦後生まれの私にとって、小学生の頃には、言論の自由について疑いもなく当然保障されていると思えましたが、最近年をとってみれば、コミュニケーションの難しさと、自分たち人間の理解力の限界、その狭間で言論の不自由ばかりが、目に付くようになりました。
 新聞は小さな苗木を何本植えたかを、ニュースで取り上げ、JR東日本の社長の言葉に耳を傾けますが、鉄道林のようにもともと国民の税金で購入維持された、緑の民営化による国民の手もとからの喪失と、次なる売却による伐採の事実には、目を閉じ耳もふさいで取り上げようとはしません。
 [住民のエゴ」という言葉で言論の自由を封じようとし、公平な取材をマスコミも行っていないと感じます。マスコミ各社はJR東日本から出張旅費の割引でもしてもらっているのかと疑うこの頃です。

2007.07.24 14:54 URL | すずめのこ #SNSZ3Mro [ 編集 ]

すずめのこさん、お返事ありがとうございます。この半年、周辺で結構変化があり、気になっています。緑が減って、新しく宅地化されるところを目にします。国見駅南側、国見6丁目の蔵谷もこの半年大きく変わっています。東北大付属病院の通りに面した木々も切られました。どうなるのかわからず気になっています。

根白石街道の未舗装の部分が、新しい宅地造成のため舗装道が延長されているのを最近久しぶりに歩いてみて発見しました。今朝は梅田川沿いの山を削ったらしい道を歩いてみたら、枇杷の木なのかたくさん青い身をつけた樹が根こそぎ倒れていました。道の山側はかなり土が侵食されて、木の根も露呈しています。山を削ったせいなのでしょうか、こちらも気になります。

どちらも住宅街のなかにありながら、タイムスリップしたような気にさせられる空間です。歩いている途中に崩れたら怖いと改めて思いましたが、事故がおきずにこういう秘密めいた空間が残ってくれることを願うのは勝手なのでしょうか。中山とびのこ公園には、かって菖蒲沢ため池があったそうですが、20年ほど前に事故を契機に埋め立てられたとのこと。それを知ってからは、ため池の名残の見える広場を見ると複雑な気持ちになります。畏敬の念を覚えるような自然空間が身近にあるのはとても大事なことだと思うのですが。

言論について、民主主義の国だと思っていたら、かなり怪しいと思うことの多い最近です。これからの行く末を決める選挙、どうなるのか期待と不安が入り混じります。身近な貝ヶ森と、日本は別個の問題ではないと思います。

2007.07.26 18:26 URL | むじな #- [ 編集 ]

昨日の補足です。国見駅南側の旧女子商業高校校舎跡地を仙台市が競売に出し、どうやら住宅地になるようです。14戸(邸と数えるのですか、最近は。)の宅地計画があるようで、昨日アンケートのチラシが入っていました。地下鉄や道路を作ることで渋滞を緩和しようとする仙台市の政策は、景観と住む人の生活を壊し、財政難に導くのではないかと危惧しています。駅の近くのまとまった土地は、将来のために市が保有しておくべきだと思うのですが、いったい仙台はどうなってしまうのでしょうか。

以下は、司馬遼太郎の言葉のひ孫引きです。週刊金曜日3月30日号に本田勝一氏が書いていて、紹介したいと思いながら、そのままになってしまいましたが、今の貝ヶ森や国見周辺の変化を目の当たりにして、やはり紹介したいと思います。
「子孫に、青々とした山、きれいな川、誇らしい風土を残すため、一億の日本人の80パーセント、いや90パーセントが合意できるような大事なことを見つけようじゃないか。そして、それをみんなで実行しようじゃないか。」
聞き手の半藤一利氏の懐疑的な反応に対して「あるよ。絶望しちゃいかんよ。それはネ、日本の自然をもうこれ以上破壊しない。これだ。この一点だけを日本人がみんなして合意する。そして実行する。まだ間に合うと思うよ。」

2007.07.27 17:51 URL | むじな #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kaigamori.blog87.fc2.com/tb.php/88-84b7313b

| ホーム |