fc2ブログ

ワタシタチノミドリ

今、仙台市にある貝ヶ森の緑が失われようとしています。 この場所を少しでも多くの人に伝えることを通して、 開発によって緑が脅かされていること、 そして仙台市の緑地保全を呼びかけていきたいと思います。

今朝は、窓の結露が凍り付いていました。何て寒い冬なのでしょう!

それでも春の訪れが近くまで来ている様です。
庭のウメは蕾がふくらんできています。今年は蕾もたくさんです。
 

一方では、道路の南側は家の陰になるのでこの通り凍った雪が重なっています。
P1030567_convert_20130217155834.jpg 

先週から始まったガス管交換の作業は、まずこの雪をどけなければいけません。
雪をどける事を排雪というらしいです。
今日は、宅地造成工事を請け負っている会社から現場責任者が来て
これまでの経過、今後の工事の進め方を説明しました。

もっと詳細なお話があるのかと思いきや、業者側は前回までの説明会で
自分たちの説明は終了し、住民側は納得していると勘違いしていました。

10tトラックで工事を行い、4tトラックでの工事は現実的ではないと言い
そのトラックも朝の7時半には造成地内に入れてしまうと言うのです。
と言うことは・・・・何時からトラックが南町内会の生活道路を通って
敷地内に入る事になるのでしょう。
それでも住民の生活を脅かさないで工事をしますと言い切るのですか?
そして、8時半から土砂や伐採した木を搭載したトラックが走り出すのです。
それは前回説明し、納得いただいていると平然と話します。

これは大変なことですよ!
中には、まだ寝床の中にいる時に地震かと思って目が覚める!
そのような事も起きかねません。誘導員がついて、歩く速度で
走行すると言っても、早朝からトラックが通れば振動も騒音も
出るに決まっているではありませんか。
もっと生活している私たちのことを考えてもらえませんか。


banner
ワンクリックが緑を守ることに繋がります。
一日一回のご協力お願いします。
スポンサーサイト



2013.02.17 22:45 | 鳥・動物・植物 | トラックバック(0) | コメント(-) |
| ホーム |