fc2ブログ

ワタシタチノミドリ

今、仙台市にある貝ヶ森の緑が失われようとしています。 この場所を少しでも多くの人に伝えることを通して、 開発によって緑が脅かされていること、 そして仙台市の緑地保全を呼びかけていきたいと思います。

久々の青空が広がる仙台です。
家の中にいても街中に出ても何だか静かで選挙戦の気配が感じられないまま
投票日を迎えたような気がします。
仙台市民のみなさ~ん、投票はお済みですか?

貝ヶ森の投票所は貝森小学校です。
道路側から見ていると震災の被害もあまり感じられなかった校舎でしたが
投票後に校庭側に回ってみてビックリしました。
草が生えた盛り土が校庭の半分を占めようかと言う大きさです。
地震の影響で亀裂や段差が出来たため大掛かりな補修が必要になり
そのための土のようです。
町内会に回覧される学校便りも最近はきちんと目を通す事が少なくなり
全く知らずにおりました。
校庭側の校舎には足場が組まれ、校舎にも被害があったようです。

そして、貝森小学校北側にプレハブの建物が建築中です。
気にはなっていたのですが確かめる事も無く過ごしておりました。
こちらは被災した中山保育所のプレハブでした。建替えの期間中
こちらで保育が行われるようです。
自分に直接的に関係ない事に、いかに無関心であったかと反省させられます。
  

この一週間も忙しく東奔西走の日々でした。
父の入院で盛岡へ。こちらは土曜日には退院しましたが・・・。
盛岡滞在中に夫の伯母が亡くなったとの知らせを受けて仙台へ。
金曜日には葬儀のために東京へ。
金曜日(26日)の東京と言えば、今年一番のゲリラ豪雨が降った日です。
斎場で待ち時間の間に稲妻が走り雷鳴が轟き、滝のような雨が降り出しました。
タクシーで移動中には歩道側の車線が川のようになる様を見ました。
都市の雨水処理の甘さを見せつけられました。

このようなゲリラ豪雨は東京だけの問題ではありません。仙台でも経験します。
ふと思ったのは、宅地造成計画が再燃した隣接する樹林地のことです。
樹木を皆伐した後に豪雨が降った時には、濁水処理の問題が起こりうるのです。
町内会から業者には説明会の折りに指摘してあります。
仙台市開発調整課の方へも濁水処理の問題について指摘をしているそうです。
想定外とは言わせませんよ!

今後も起こりうる巨大余震や豪雨のことなど考えてみても、谷底にJR仙山線の通る
斜面樹林地に盛り土が多い宅地造成はしない方がいいのではと思います。

新しく決まる市会議員のみなさんは、どのように考えるのでしょうか。


東京から戻った仙台駅で、ポケモン新幹線が東京へ向けて出発するところでした。
こちらはピカチュウ号と言うのだそうです。夏休みらしい企画です。
IMG_1246_convert_20110828163423.jpg 

IMG_1245_convert_20110828155618.jpg 

 



banner
ワンクリックが緑を守ることに繋がります。
一日一回のご協力お願いします。


スポンサーサイト



2011.08.28 16:36 | 仙台市 | トラックバック(0) | コメント(-) |
先週末は、義父の初盆供養で伊丹へ行きました。6月、7月は山形空港を利用して
伊丹へ行きましたが、今回は震災後初めて仙台空港からです。
先月下旬から定期便として運行を始めています。
以前は貞山堀より海側の安い駐車場を利用していましたが、跡形も残っていません。

今回は、空港アクセスで美田園まで行き、連絡バスに乗り換えて空港へと
向かいました。かなり瓦礫の撤去作業は進んでいますが、津波によって破壊された
痕跡の残る家がポツンポツンと立っている姿に心が痛みました。

搭乗後すぐに、デジタル機器のスイッチをお切りくださいのアナウンスが
流れる前に海方向を撮りました。まばらになった松林の方向から津波が空港を
襲ったのです。レンズにゴミがついていたようで、縦の線は竜巻ではありません。
先日時系列でカメラが収めた地震と津波の映像を改めて見ましたが
本当に恐ろしい光景でした。
地震直後から数日の停電でテレビを見る事が出来なかったのは
今となっては幸いだったかもしれないと思っています。
あの巨大な揺れを体験した直後にあの映像では・・・・・。
津波のまっただ中におられ、恐怖の体験をされた方々の心の内は
計り知れません。
  
仙台空港へ戻る時は、着陸態勢に入り以前のように一旦海上に出ると
鳥の海、阿武隈川河口が見えていました。周辺の地面が茶色いのは津波のせいで
田や畑が荒れているからでしょう。本当なら穂も出始めて秋の収穫を待つばかりの
田園風景も無惨なことでした。
飛行機は、津波と同じ様な方向から滑走路へと降りて行きました。
とてもソフトで上手な着陸でした。

伊丹も急に涼しくなっていましたが、仙台は寒いぐらいです。
明日から少し戻りそうですが。



banner
ワンクリックが緑を守ることに繋がります。
一日一回のご協力お願いします。


2011.08.23 18:08 | 東北地方太平洋沖地震 | トラックバック(0) | コメント(-) |
大震災で延び延びになっていた市議選の告示日は明日です。
選挙ポスター用の掲示板がいつの間にか設置され、辻立ちの人を見かけ、
ダイレクトメールが届き、候補者のチラシがポスティングされ始め・・・と、
何となくそんな雰囲気になってはいますが・・・。

気温は上昇するものの、選挙の熱気は全く感じられません。
暑さのせいで夏バテ気味の私があまり外出をしていないせいでしょうか。

河北新報には最近こんな記事が掲載されました。

私も震災後の特別委員会を傍聴し、私語の多い事とヤジの多さに
議員の品格の無さを感じました。
未曾有の震災を経験したのですから、従来と同じ様な考えや心構えで
次の任期を務められては困ります。震災復興は、優秀な仙台市の職員にお任せ?
なんてことはお考えではないでしょうね。記事を読むと不安になります。
その辺りを有権者へお知らせください。
選挙カー自粛も一つの考えでしょうが、地盤や看板に安住しての事では困ります。

記事に掲載されていた議員の通信簿は議会ウォッチャーのサイトから
ご覧になれます。

大学生諸君も頑張っているようです。
学生団体C.CHECKは候補者と討論会を企画したようです。
私たちの世代が意外とダメなのかも知れません。経験上から自分の1票を
投じても投じなくても政治は変わらないと思ってしまいがちです。
経験があるってことは良い事ばかりではありません。得てして、否定的結論を
出してしまいます。経験豊富な現職議員さんにその傾向は無いですか?

まずはみなさん選挙公報をよく読んでみましょうね。


banner
ワンクリックが緑を守ることに繋がります。
一日一回のご協力お願いします。


2011.08.18 11:02 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(-) |
今年は時間の経過が本当に早いです。もう8月です!

久しぶりに仙台駅前方面に行きました。震災後は毎日長い行列が出来ていた
ダイエー前の交差点から仙台駅方向の青葉通りです。ケヤキ並木を見ていると
震災前に戻ったような気がします。
でもそれは錯覚です。少しずつ復旧の跡は見えますが、復興への道のりは
まだまだ不透明です。原発事故の影響は、日々拡大しているように思えます。
宮城県産牛の出荷停止に続き、岩手でも、そして栃木でも。
今は、この秋収穫されるお米の汚染が心配されています。
 

今年は季節の移ろいに鈍感になっているようです。知人友人の多くも同じようです。
震災後の1~2ヶ月が時間経過の記憶から抜け落ちているかのようです。
いつもは咲き始めに気がつき、もう夏だものと思うサルスベリの花も知らぬ間に
満開になっていました。 
IMG_1218_convert_20110803183249.jpg
 
全国的には暑さが続いているようですが、仙台は涼しい毎日です。
七夕が終わると例年でも涼しくなるのに夏は終わりでしょうか?
暑さに弱い私には好都合でしたが・・・・・。

開催が危ぶまれた仙台七夕まつりでしたが、前夜祭の花火大会から
例年通り6日・7日・8日と行われます。警備の人員も増やすそうですから
みなさん是非仙台七夕まつりへお出かけください。



banner
ワンクリックが緑を守ることに繋がります。
一日一回のご協力お願いします。

2011.08.04 10:19 | 東北地方太平洋沖地震 | トラックバック(0) | コメント(-) |
| ホーム |