fc2ブログ

ワタシタチノミドリ

今、仙台市にある貝ヶ森の緑が失われようとしています。 この場所を少しでも多くの人に伝えることを通して、 開発によって緑が脅かされていること、 そして仙台市の緑地保全を呼びかけていきたいと思います。

今朝、カーテンを開けている時に、お向かいの生け垣につがいのシジュウカラが
見えました。カメラを片手に道路まで出てみると、色づいたハナミズキの中へと
移って行きました。丁度真ん中に写っているのがお分かりになりますか。


その後、一羽が擁壁の上に落ちた実を見つけたのか降りて来ました。
先日夕方に見たシジュウカラと思った集団は、もう少し背中が黒く
見えたのですが・・・・・。その後スズメもやって来て、ハナミズキの実を
食べ始めましたが、縄張り争いのような気配は、ありませんでした。
IMG_2081_convert_20090930081337.jpg


『貝ヶ森の緑を守ろう!』の運動が始まった当初、署名活動や提出について
アドバイスをいただいていた市議の方の突然の訃報を聞いて驚きました。
この森に限らず、緑を守る見地から、市政に反映していただきたく思う住民との
意見交換の場にも何度もおいでいただきました。

昨晩のお通夜は、会場いっぱいに並べられた椅子では収まらず、立錐の余地も
無いほどの参列者の方々でした。
生前を彷彿とさせるにこやかな遺影に、これまでのご配慮に感謝し、
この森が、次世代へと継承出来るよう見守っていただきたい旨の
最後のお願いをして参りました。

心から、ご冥福をお祈り申し上げます。 合掌




banner
できるだけ多くの方にこのブログを見て頂くために、
一日一回のクリックをお願いします。

スポンサーサイト



2009.09.30 09:06 | 鳥・動物・植物 | トラックバック(0) | コメント(-) |
3年前の2006年9月28日、この森はJR東日本から売却されました。
住民は、まだ何も知らずにいたのです。
あれから3年、この森がそのままの姿で残っているのは奇跡に近いと
思っています。
この写真は、今月始め国見1丁目側から撮ったものです。


その年、JR東日本は、『地球温暖化防止活動環境大臣表彰を
「対策活動実践部門」で受賞しました』と東北新幹線の車内誌
「トランヴェール」に大きく掲載し、私たちは怒りを覚えたのでした。
その後もJR東日本の沿線の森づくりの記事を読むたびに、
腹立たしく思っています。


新政権が誕生し、温室効果ガス25%削減の国際公約をした今、
森の果たす大きな役割が一段と注視されることでしょう。
企業が『企業の森』として、後世に残す事も選択肢となるように期待します。




banner
できるだけ多くの方にこのブログを見て頂くために、
一日一回のクリックをお願いします。

2009.09.28 09:28 | 森の近況 | トラックバック(0) | コメント(-) |
我家のラズベリーが2回目の実りを迎えています。今のところ鳥さんには
見つかっていないようです。


今年初めて気がついたのは、アスパラガスの赤い実です。種を播いた時から
何年経ったのか覚えていないのですが、今年は太いものを何本か収穫しました。
株が弱るので、本当は、花を咲かせて実をならせるのは良くないようです。
この赤い実を播くと芽が出て来るそうです。やってみようかしら?
IMG_2001_convert_20090927133926.jpg

午後から、天候を気にしながら、中山方面へ足をのばしてみました。
もう紅葉したの?と思う木がありました。
IMG_2009_convert_20090927134011.jpg

その後、先日大勢でやって来た鳥さんたちに会いました。動きが素早くて、
木の高いところに止まっていて、どうしても撮影が出来ません。
ご近所の庭の木の実を食べに、やはり大勢でやって来ている鳥さんと
同じとすると、どうやらシジュウカラのようです。
以前に聞いたツツピー、ツツピーという良く通った声に比べて、
かなり小さい声だったのですが、ツピーツピーと鳴いていました。



banner
できるだけ多くの方にこのブログを見て頂くために、
一日一回のクリックをお願いします。

2009.09.27 13:57 | 鳥・動物・植物 | トラックバック(0) | コメント(-) |
今年は、初めて「ビーツ」と言うモノを栽培してみました。
間引いた葉は、だいぶ前にサラダでいただきました。本当に大きく育つのかと
自信が無いまま見守ってきました。カブのように少し盛り上がってきて
収穫して!と言っているようだったので、先日抜いてみました。





















ネットで検索して、ボルシチに挑戦してみました。
IMG_1915_convert_20090922171340.jpg
これは、茹で上げて外側の
皮をむいたところです。
この後、適当な大きさに
切って、お肉や玉ねぎや
人参などと煮込むのです。
ほくほくして、なかなか
美味しかったです。
そして、ゆで汁の色が、
とても、とてもきれい
でした。



ズッキーニもふとしたきっかけで、我家の狭い庭で栽培を始めて
約15年になります。友人の中では、かなりズッキーニの普及に
貢献していると思います。
来年からは、ビーツも仲間に入れようかな?


banner
できるだけ多くの方にこのブログを見て頂くために、
一日一回のクリックをお願いします。

2009.09.26 12:43 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(-) |
このところ「ピーピー、チーチー」と鳴き、せわしなく飛んで行く鳥を
見かけます。夕方に、大勢でやって来ました。
スズメほどの大きさで、背中は黒っぽいのでスズメではないと思います。



IMG_1951_convert_20090925160926.jpg






















こ~んなにたくさん(全部ではありません)で、電線とお向かいの生け垣を
行ったり来たりしていました。
IMG_1962_convert_20090925161024.jpg

そして、北側の家の方へ飛んで行くものあり、森の方へ飛んで行くものありで
チーチー、ピーピーとしばらく賑やかでした。森の方では、木から木へ
鬼ごっこのように飛び回っていました。


banner
できるだけ多くの方にこのブログを見て頂くために、
一日一回のクリックをお願いします。

2009.09.25 22:00 | 鳥・動物・植物 | トラックバック(0) | コメント(-) |
全国的に晴れているようですが、ここ貝ヶ森の上空には
きれいなうろこ雲が空一面に広がって、秋を感じさせています。
擁壁の上の木々は、早くも色づき始めています。森が残っていることに感謝!


以前に見つけたカナヘビの卵は、留守中に孵化していたようでした。
ぺしゃんこになった卵が、発見した場所にあったのです。
その後、小さなカナヘビがちょろちょろしていましたが、昨日写真に
撮りました。全長約8cmです。近くにもう2匹いました。
IMG_1919_convert_20090925105338.jpg


IMG_1898_convert_20090922171125.jpg
帰宅後、最初に出迎えて
くれたのはこんな可愛い
てんとう虫でした。











連日報道される鳩山首相のアメリカでの様子に、久々に日本人として
誇らしく感じます。有言実行を支持するためには、私たち国民も
相当の覚悟や我慢が求められると思います。きちんとした説明と
目標があれば、多くの国民が協力を惜しまない事でしょう。


banner
できるだけ多くの方にこのブログを見て頂くために、
一日一回のクリックをお願いします。

2009.09.25 11:36 | 鳥・動物・植物 | トラックバック(0) | コメント(-) |
中国の次は、盛岡に所用があって行って来ました。
折しも盛岡八幡宮の秋の例大祭と重なりました。最終日には流鏑馬が
あると聞き、客人を連れて行きました。人生初めての流鏑馬見学です。
急に雨が降り出しましたが、間もなく止み、堪能しました。目の前を
疾風の如く駆け抜けますので、とにかくシャッターを切った中の1枚です。
早さは、伝わりますか?
この方は、矢を射った人の後方から何やら叫びながら過ぎ去る役です。
手綱から手を離し、立ち乗りの格好でこれだけの早さで走るので
技術が必要なそうです。
























盛岡に帰った時に、『岩手山』の姿が見えるとホッとします。
高松の池からの風景です。
IMG_1885_convert_20090922170910.jpg

仙台へ戻る途中で、中尊寺の金色堂へと案内しました。
黄金色に輝く近くの水田は、まもなく収穫を迎えそうでした。
今年初めての赤とんぼも見ました。
IMG_1897_convert_20090922171026.jpg

瀋陽のお墓や故宮、そして中尊寺を見る時に、これらを造るために駆り出された
名も無い多くの人々の事を思います。クレーン車などの機械が無かった時代に、
このような建物を人力で造った過程では、多くの犠牲者もあったでしょう。
手抜きをしたり、偽装しようなどとは考えなかったから、今日まで残る
建物が建ったのでしょうね。
そして、その号令を掛けた権力者の力の大きさを思います。


シルバーウィークも終わりました。
でも来月には、また3連休が来ますね。


banner
できるだけ多くの方にこのブログを見て頂くために、
一日一回のクリックをお願いします。

2009.09.24 11:50 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(-) |
今回の瀋陽行きは日程の関係から、関西空港出発でした。
その関空までのバスの中から、以前ワイドショーで税金の無駄遣いとして
報じられていた大阪市のゴミ焼却場舞洲工場が見えました。
USJと間違って来てしまう人がいたという話も、まんざらウソでは無いと
思いました。
世界のフンデルトヴァッサーのデザインした建物ですから、ある意味
USJより文化的価値は高いかも知れません。総工費約609億円は高い?
のでしょうか。
私たち貝ヶ森の住民がお世話になっている葛岡工場は、半分の約327億円で、
ゴミの処理能力は3分の2です。調べてみて意外と高いのねと思いましたが、
葛岡には温水プールもリサイクルプラザもあっていつでも市民が利用可です。


ここにもプールなどの市民が使える施設を併設すれば良かったのに。それに
フンデルトヴァッサーがデザインした事をアピールして、観光客も呼べる
そんな施設にして、儲ける事を考えても良かったのにと思いました。
ウィーン市が市営住宅として彼にデザインしてもらったアパートの周辺は
観光客でいっぱいなそうですよ。(ガイドブックに載っています。)
もちろん一般住居ですから、中には入れません。
IMG_1581_convert_20090923172140.jpg

大阪市役所のホームページから、この焼却場について調べようとして
やっと辿り着いたのが舞洲工場の見学受付のページです。
この中に
『環境保護建築でも有名なオーストリア・ウィーンの芸術家
フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー氏にデザインを依頼し、
美しい外観は、多数の見学者が訪れ話題になっています。』と
書かれています。
希望日の10日前までに要予約とか、申し込みが多数の時は見学不可とか
平日のみとか、いかにもお役所的で、見学してもらいたいという意思は
全く感じられません。
フンデルトヴァッサーは自然と建築の共生という事をいち早く提唱しています。
大阪市もいいところに目をつけてはいるのです。でも、それが全く生かされて
いないのです。
だから、ゴミ焼却という機能には全く関係ないデザインに、多額の税金を
使ったことは、無駄だと指摘されるのでしょう。

政権も代わって、環境というキーワードが今まで以上に重要視されると
思います。大阪市もなるべく内緒にしておこうという姿勢ではなく
今こそ、このゴミ焼却場から自然との共生を考えようと言う位の
アピールをしてもらいたいものです。寶の持ち腐れにならないように。



banner
できるだけ多くの方にこのブログを見て頂くために、
一日一回のクリックをお願いします。

2009.09.23 20:07 | 他の環境活動 | トラックバック(0) | コメント(-) |
故宮と言うと北京の紫禁城が有名なようですね。北京の故宮と区別して
瀋陽故宮と呼ぶのでしょうか。
紫禁城に比べ、かなり小さい(12分の1)そうですが、なかなか広かったですよ。
前日の薄曇りで肌寒かった天気と打って変わっての青空でした。
独特の色の瓦が、青空に映えますね。


日本からの観光客もいました。ちゃっかり、そのガイドさんの説明を傍らで
聞いたりしました。崇政殿と呼ばれるこの建物は、2代目皇帝ホンタイジ
によって建てられ、皇帝が政務を行っていたそうです。
IMG_1782_convert_20090919190343.jpg

こちらは、大政殿と呼ばれる八角形の建物で、皇帝が式典を行う場所
だったそうです。
IMG_1790_convert_20090919190521.jpg

この他にも多くの建物がありました。ここよりも12倍も広い紫禁城とは
どのようなところなのでしょう。
機会があれば、是非一度北京を訪ねてみたいです。



banner
できるだけ多くの方にこのブログを見て頂くために、
一日一回のクリックをお願いします。

2009.09.23 11:00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(-) |
瀋陽には、世界文化遺産に登録された一宮ニ陵があります。
まず見に行ったのは、清王朝太宗ホンタイジ(2代目皇帝)と皇后のお墓
昭陵です。

ここは、お墓のある公園の入り口です。日光東照宮や伊達政宗公の墓所瑞鳳殿の
派手な色合いを思い出される彩りでした。
日本では江戸時代、鎖国をした三代将軍家光の時代が終わりが近い頃、
1643年の着工です。


IMG_1626_convert_20090919185539.jpg            本当に広~い公園でした。孫と遊びに来たらしい方がピーナッツをリスにあげていました。こんなに近づいて大丈夫なのかな?







北陵公園として整備された広大な敷地の中央に位置するお墓です。
ここまで何分歩いて来たのか測っていませんが、ここで真ん中です。
このお墓は入り口が無い壁で覆われ、円筒状に大きく作られた場所に
乗るように作られています。どこに葬られているか知られないように
との配慮で入り口が無いそうです。
さらには、後世に掘り起こされたりする事がないように、
工事に関わった人々は、完成後この場で舌を切られ、
口外出来ないようにされたのだそうです。命までは取らなかったようですが。
IMG_1646_convert_20090919185904.jpg
IMG_1722_convert_20090922172002.jpg


瀋陽市の東部には清福陵と
言う、昭陵とほとんど同じ
様式のお墓がありました。
←左の写真です。
ここには清王朝の太祖ヌル
ハチ(初代皇帝)とその
皇后が葬られていました。
このお墓は草木に覆われて
いましたが、上のお墓は、
頂上に木が一本で草が生え
ていません。その様子は、
少し違和感がありました。

教科書と試験勉強で頭に残っていた清王朝、ヌルハチ等という言葉が
実感として感じることができました。それと同時に、いつも感じるのは
試験のためではない歴史の学習が足りなかったなぁということです。


IMG_1658_convert_20090919185652.jpg
昭陵で見かけた鳥です。
遠くから見ると黒と白の
モノトーンのように見え、
飛ぶ姿は尾が長く素敵でし
た。必死に追いかけました
が、飛ぶ姿は撮れませんで
した。近くで見たら羽には
ブルー部分があり、
とてもきれいでした。





世界文化遺産、瀋陽故宮は次の機会にします。



banner
できるだけ多くの方にこのブログを見て頂くために、
一日一回のクリックをお願いします。

2009.09.22 22:00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(-) |
ブログ更新がなかなか出来ないでおりましたが、再び中国を訪れました。
今回は、瀋陽市(旧奉天市)です。
日本では満州事変と呼ばれる(中国では九一八事変)大きな歴史的事件が
起きた、その場所に9月18日を目前にして訪ねるのは少し躊躇がありました。

お世話くださった方々は、みなさんとても親切で、来訪者を友人として
心から歓迎するという言葉と仕草にホッとしました。
しかしながら、最初の飛行機の客室乗務員の態度やホテルのフロントなどは
何故にこうも無愛想で、気配りが無いのだろうと感じたのは前回と同様です。
国際競争力をつけるには、まだまだ伸びしろが大きいと言うことですね。

瀋陽の空港は、街から離れたところにありました。一面に広がる水田と
トウモロコシ畑を過ぎ、街に入って来ると、この街も建築ラッシュでした。
IMG_1589_convert_20090919185242.jpg












翌朝、ホテルからの景色です。高層ビルが建ち並んでいます。
しかし、空きビルも多い様に感じたのですが、実際は分かりません。
IMG_1613_convert_20090919185327.jpg













せっかくのシルバーウィークですが、溜まった家事に費やす日々と
なりました。続編の写真は、次回に。


banner
できるだけ多くの方にこのブログを見て頂くために、
一日一回のクリックをお願いします。


2009.09.22 11:03 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(-) |
昨日見かけた危なそうなハチは、スズバチみたいです。
うらやましいほど引き締まったウェストが気になり、検索してみました。
今朝も来ていました。一生懸命シソの花の蜜を吸っているように見えるのですが
主食はイモムシのようです。近くに巣でも作ったのでしょうか。


IMG_1550_convert_20090909120045.jpg

シソの葉も食べるのでしょうか?
IMG_1554_convert_20090909120456.jpg

スズメバチ科には属しますがドロバチ亜科のハチで、滅多に人は刺さないようです。
とは言え、ハチさんですからちょっかいを出すと刺されるかもしれませんね。
森を守ろうという運動に関わったお陰で、鳥・花・虫を注意深く見る機会が
増えました。なかなか楽しいものです。


banner
できるだけ多くの方にこのブログを見て頂くために、
一日一回のクリックをお願いします。

2009.09.09 13:10 | 鳥・動物・植物 | トラックバック(0) | コメント(-) |
ミツバチだけでなく、ハチはどんな種類でも花から蜜を吸うのでしょうか。
ちょっと危険そうなハチが我家のシソの花にやって来ました。

いいかげんにしないと刺されるよと夫に注意され、チョウの方に目を転じ
撮って見ると、正面からの顔ってウサギにも似てとても可愛いですね。
大発見でした。
IMG_1537_convert_20090908180938.jpg



ブログ『ホタルの国から ~久米島~』の活動の一端が紹介された
TBS「ワンステップ」はご覧になりましたか?リアルタイムの時は
迂闊にも、ところどころ眠ってしまいましたので、あらためてビデオをじっくりと
見ました。環境破壊という問題が、認識されていない頃から活動を続けておられる
佐藤さんご夫妻の苦労は並大抵ではなかったと思います。でも、こぼれんばかりの
笑顔で若者を迎え入れるお二人の姿は、その苦労を感じさせること無く清々しさを
感じました。
そして、今どきの若者だって素晴らしいですね。生まれたときから環境問題を
肌で感じて育っている世代ですから、環境を守るため微力でも何かしたい
という意識は高いと思います。この若い力を生かすことが出来ないとすれば
それは、政治が悪いのではありませんか。温室効果ガス排出削減目標を
25%に設定すると発表した新政権に期待します。

続編は、13日(日)TBS系で同時刻からです。是非ご覧ください。



banner
できるだけ多くの方にこのブログを見て頂くために、
一日一回のクリックをお願いします。

2009.09.08 18:35 | 他の環境活動 | トラックバック(0) | コメント(-) |
昨日の午後、貝ヶ森を少し散歩してみました。
家を出て間もなく見かけた鳥は、メジロのような色でしたが、特徴の目の回りの
白い丸はありませんでした。左上方に写っているのですが・・・・・。
分かりますか?


その後、中央公園に入ってすぐの木立には、シジュウカラやコゲラなどが
目に留まりました。今日は幸先良く色々な鳥たちに出会えそうだと
期待したのですが、枝や葉の陰になって写真は撮れませんでした。
じっと動かなかった蝶は撮れました。
IMG_1525_convert_20090906162439.jpg

仙台市の花「萩」とススキに秋の訪れを実感しました。
写真中央右側に写っているこんもりとした森は、貝ヶ森中央公園です。
そのすぐ奥に見える横長の森(携帯アンテナから右側)が事業凍結中の森です。
IMG_1527_convert_20090906162527.jpg

右手前の大きな建物が、東北福祉大前駅に隣接する福祉大学のキャンパスです。
その向かい側に仙台市所有の森があります。キャンパスの建っている場所も
小さな森があって保存緑地だったのですがねぇ。
IMG_1532_convert_20090906162636.jpg
上の写真で駅キャンパスの後方に市中心地が霞んだように写っています。
右端は免震構造という超高層マンションです。出来たときはビックリしました。
その隣に見えるのは、先日ご紹介した工事中の超高層の商業ビルです。
その隣に見える通称SS30(エスエスサーティ)もオープンからしばらくは
展望階が人気スポットでした。このビルも前述の超高層ビルも以前は私立の学校が
建っていました。

この風景を見て、屋敷林を奨励した伊達正宗公や終戦後の復興時、周囲の反対を
押し切り青葉通や東二番丁通のような大きな幹線道路を作った岡崎栄松市長は
何と言うのでしょう。
偉大な為政者二人のように、これからの百年を見据え、リトル東京ではない
街づくりが、今こそ求められていると思います。



banner
できるだけ多くの方にこのブログを見て頂くために、
一日一回のクリックをお願いします。

2009.09.07 14:00 | 鳥・動物・植物 | トラックバック(0) | コメント(-) |
当ブログ初代管理人midoriさんが、ブログを始めた当初から今まで、
挫けそうになると、応援のコメントやメールをくださった久米島の
satou-nさんには感謝の気持ちでいっぱいです。
ブログ『ホタルの国から ~久米島~』によると、その活動の一端が
今晩TBS「ワンステップ」で紹介されるそうです。
先月はフジテレビの取材があり、放送されたようですが、見逃してしまいました。

仙台に住んでいると、久米島は東北楽天ゴールデンイーグルスのキャンプ地の
印象しかありませんでした。環境破壊と無縁の南の島との思い込みは
『ホタルの国から』のブログで払拭されました。
日々奮闘されているホタル館の活動の一端を知ることが出来ればと思います。

深夜(23:30~)の放送ですので、録画をしてはいかがでしょうか。


この写真は、皆既日食が話題になった翌日に、貝ヶ森中央公園で撮影しました。
逆光だったので影絵のように見えますが、ヒヨドリの子どもがエサを待って
鳴いていました。ここで電池切れで、エサを与える様子は撮影出来ませんでした。
いつもは、騒がしいなぁと感じるヒヨドリも子どもは可愛いですね。
IMG_1060_convert_20090906093042.jpg

夏鳥の渡りの時期が始まっているのでは?聞き慣れない鳥の鳴き声が
聞こえます、と森近くにお住まいの方からお聞きしました。
ヒヨドリは渡りはしないと思いますが、子育てを終え旅立つ鳥たちも
多いのでしょう。来年も、再来年もその鳥たちが休める場所として
この森が残っているようにと祈ります。


banner
できるだけ多くの方にこのブログを見て頂くために、
一日一回のクリックをお願いします。

2009.09.06 09:46 | 他の環境活動 | トラックバック(0) | コメント(-) |
毎年律儀にお彼岸の頃に咲いている彼岸花です。
夕方の水やりの時に、蕾に気がつきました。まだ9月5日です。
こんなに花芽が出て来て、もう咲き出しそうです。
今日は、日中良いお天気でしたが、秋のような気温が続いていましたので
彼岸花も勘違いしたのでしょう。
そう言えば、8月下旬から玄関先の茂みにコオロギがいるらしく
一晩中鳴いていました。花でなくても季節を勘違いしそうです。



青葉山のオオタカが人口巣で繁殖し巣立ちを確認と報道しています。
仙台市の引っ越し作戦は、成功したのだそうです。成功だったかどうかは
今後も観察を続けて評価したほうが良さそうですね。



banner
できるだけ多くの方にこのブログを見て頂くために、
一日一回のクリックをお願いします。

2009.09.05 17:39 | 鳥・動物・植物 | トラックバック(0) | コメント(-) |
先月、北海道で見かけた風景です。
今でも、ごくまれに昭和の佇まいを残す家の壁にかけられたままのものを
見かけます。これだけたくさんのものが一同に掛けられているのを
見たことがありませんでした。

帰宅後に検索すると、おそらくこの場所だったと思われます。
旧双葉小学校史料館 雪月花廊
キャンピングカーがたくさん停まっていて、不思議なところだな?とは
思ったのですが。立ち寄って見れば良かったです。


IMG_1362_convert_20090904162356.jpg
IMG_1363_convert_20090904162428.jpg
IMG_1365_convert_20090904162500.jpg
IMG_1367_convert_20090904162532.jpg

オロナミンCとかオロナイン軟膏とか人物の入ったものがなくて残念でしたが
何だか懐かしくホッとする風景でした。

政権交代が実現し、日本にもチェンジの風が吹いています。
古いものや人の全てが悪いわけではありません。残すべきものを残す努力を
惜しんでしまったような気がします。
事業凍結中の森は、杜の都仙台に残すべき森と考えます。利益優先で
売却したJR東日本は猛省してほしいと思います。沿線の鉄道林を守る運動とか
宣伝していますが、この森を守って欲しかったなぁ!



banner
できるだけ多くの方にこのブログを見て頂くために、
一日一回のクリックをお願いします。

2009.09.04 16:48 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(-) |
気温低めで、ハッキリしない天気にもかかわらず、活動出来る日が
少ないのを知っているかのように、虫たちがやって来ました。

ゴーヤの雄花に止まっていたのは、とても小さなハチ?


もっと小さなニラの花には、もっと小さなこれもハチ?でしょうか。
お分かりになりますか、ちいさな花びらに止まっている虫がいます。
IMG_1512_convert_20090903183953.jpg

シソの花にはブンブン羽音をさせて、大きなハチがやって来ました。
IMG_1515_convert_20090903183502.jpg

このブルーサルビアは、虫たちに大人気のようです。いつも、蝶やハチや
虫たちが近づいてきます。
IMG_1518_convert_20090903183545.jpg
IMG_1520_convert_20090903183626.jpg

新学期が始まり、じわじわと感染が拡大している新型インフルエンザ。
政権の移行で、不測の事態が生じないよう現政府も新政府も惜しみない協力を
期待します。


banner
できるだけ多くの方にこのブログを見て頂くために、
一日一回のクリックをお願いします。

2009.09.03 23:33 | 鳥・動物・植物 | トラックバック(0) | コメント(-) |
肌寒い仙台です。
その天候のせいなのか、ブラックベリーがまたなっているのよと
ご近所の方からご馳走になりました。甘酸っぱくて美味しかったです。
我家のラズベリーも、まだ色づいていませんが、秋の部の実りが始まりました。


今年は、我家の庭先では、春先からほとんど見かけないカマキリが、
こちらのお庭にはいつ伺ってもいるのです。今年のカマキリの雪予報は
このお庭で調べてみましょうか。
IMG_1444_convert_20090902102533.jpg

仙台は、このまま本格的秋を迎えるのでしょうか。
夕べ気がついたのは、今年はすいかを食べていないことでした。


banner
できるだけ多くの方にこのブログを見て頂くために、
一日一回のクリックをお願いします。

2009.09.03 17:58 | 鳥・動物・植物 | トラックバック(0) | コメント(-) |
8月の短いながらも残暑のお陰で、庭の野菜が復活しました。
ゴーヤも、小さいながら今期最大の大きさになり昨晩の一品として
美味しくいただきました。


トマトも色づかなくてがっかりしていましたが、美味しそうな赤色に
色づきました。こちらは、何個収穫したか覚えていないほどです。
IMG_1485_convert_20090902102403.jpg


今月16日には、鳩山新総理が誕生とテレビが報じています。
今から3年前の夏、市内の小さいけれど美味しいレストランで
鳩山代表と宮城県の民主党関係者の方々と偶然一緒になりました。


遅れて入って来られた一行を見て、ミーハーな私は、気になって
仕方ありません。それを不快に思っていると勘違いされたお店の方は、
せっかくのお祝いの席にすみませんとお詫びをしてくださいました。
「私は、民主党支持ですから、構いませんよ。」と話すと、そこからの
政治家の素早さに驚きです。
みなさんが、こちらのテーブルに足を運んでくださり、夫とは名刺交換です。
お祝いの主旨もご存じのようで、おめでとうございますと言っていただき
一緒に写真に収まってくださいました。
あの日に、今日の出来事は予期していませんでした。貴重な写真となりました。
バックアップを取ってあるか、我家の家宝?早速探さなくてはいけません。



banner
できるだけ多くの方にこのブログを見て頂くために、
一日一回のクリックをお願いします。


2009.09.02 11:50 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(-) |
反対運動が始まってまもない2007年1月28日、仙台市が主催する 
「景観シンポジウム」に参加しました。

仙台市は平成7年、国に先駆けて「杜の都の風土を育む景観条例」を制定したものの
国が景観法(平成17年全面施行)を施行するまで、効果ある運用には至らなかった
というような挨拶があったと記憶しています。
その時に、たまたま隣に座っておられた男性が、建物の高さ制限のことを
教えてくださいました。以前は31m規制があって、これは電力ビルの高さに
当るそうです。東二番丁通は、ほぼこの高さに揃って、空も広く見えていたのが
規制が無くなってやたらと高いビルが建って来たのだそうです。

その時から気になっていた31m規制のこと。
関東大震災を契機に定められた「百尺規制」(後に31m)の高さ制限が
廃止された直後の1960年代から、超高層と呼ばれる建物が日本の景観に
登場し始めたのだそうです。


今日は、その関東大震災が86年前に起きた9月1日、『防災の日』です。
86年経った今も、地震から逃れることは出来ません。耐震、免震構造なる
超高層の建物は、留まることを知らないようにどんどん建っています。
やはり運動が始まった当初、ある市議の方から、これから超高層ビルが
市内に十数棟は建っていくと聞いた衝撃を、今も鮮明に記憶しています。
同時に、乱立を防止すべく法的な規制を検討しているとも伺いました。
それが、おそらく7月1日から施行された景観法に基づく仙台市『杜の都」
景観計画だったのでしょう。
このような施策は、なぜにこのようにゆっくりとしか決まらないのでしょうね。
経済優先の国の仕組みが変わらないからでしょうか。
政権が変わっても同じなのでしょうか。

そして、私も感じていた『どんどん、空が狭くなる』という思いを同じくする
文章に出会いました。
KAHOKUひまわりクラブ No.282に東二番丁通は高層ビル建設ラッシュと言う
副題で東二番丁通の歴史的背景や現状が掲載されていました。

昨年秋から、東二番丁通の高層ビルの建築の様子を写真に収めています。
時系列で並べます。

2008年11月10日 
クレーンの先端は見えるものの空がありました。


2009年3月23日 
春には、超高層を予想させる佇まいが現れました。
後方には、既に31m規制を超えるビルが見えていますね。
IMG_0005_convert_20090901085701.jpg

2009年4月19日 
どこまで伸びるんだこのビルは? 空が減りました。
IMG_0221_convert_20090901085759.jpg

2009年5月21日 
先端が小さくなって来て、そろそろ終わりが見えて来たのか?
IMG_0565_convert_20090729124412.jpg

2009年7月17日 
ビルは、まだまだ伸びていました。
この頃、オープンまであと1年キャンペーンが始まりました。
IMG_0945_convert_20090901085909.jpg

2009年8月7日 
生憎の天気でしたが、久々に高層ビルが霧に隠れ、空が大きく見えたのです。
IMG_1141_convert_20090901084449.jpg

2009年8月29日
これが最新の写真です。
IMG_1450_convert_20090901084134.jpg


このビルは、東二番丁通から少し奥まって建てられています。最近このような
建て方をするらしいのです。道路までの敷地を公開空地とすることによって、
敷地に対して容積率や高さ制限の限度を超えることが出来ると言う裏技が
あるようです。このビルが、そうなのかは知りませんが、こういう抜け道を
作るのは止めましょう!

新しい政権に期待します。


banner
できるだけ多くの方にこのブログを見て頂くために、
一日一回のクリックをお願いします。

2009.09.01 11:58 | 仙台市 | トラックバック(0) | コメント(-) |
| ホーム |