fc2ブログ

ワタシタチノミドリ

今、仙台市にある貝ヶ森の緑が失われようとしています。 この場所を少しでも多くの人に伝えることを通して、 開発によって緑が脅かされていること、 そして仙台市の緑地保全を呼びかけていきたいと思います。

様々な方々からコメントを頂くうちに
私の意図していない方向にこのブログが捉えられていることがわかりました。
誰かに不愉快な思いをさせたい訳でも、誹謗、中傷したい訳でもありません。
ただ、多くの方に貝ヶ森で起きている問題を伝えられたらと思い始めただけでした。
しかし私の表現力が劣っているのか、考え方そのものが間違っているのか、
それはわかりませんが、うまく伝わっていないように感じます。


そして私が書く文章で、運動に迷惑をかけることがあってはならないと思います。
何度も言いましたが、このブログは私の考えを述べているもので
実行委員、全ての意見を代弁しているものではありません。
そのためにこれ以上、ここで無責任に私が発言してはならないと感じました。


このブログを応援して下さった皆様には、大変申し訳なく思いますが
今後もブログを続けて行く事によって「貝ヶ森の緑を守る会」
自体の印象を悪くしかねないように感じています。
さらに皆様にも不愉快な思いをさせてしまうのではないかと思います。
今まで賛同し応援して下さった皆様には心から感謝しております。
ありがとうございました。


しかし「貝ヶ森の緑を守る会」の運動は今後も続いていきますし
私も参加していきたいと思っています。
また今後の活動経過等の事実だけは出来る限り更新していきたいと思います。
これからも、応援をよろしくお願いします。
スポンサーサイト



当該地の所有権について誤解が生じているようなのでここで確認します。

貝ヶ森団地が造成された当時、この緑地は日本国有鉄道(略称国鉄)の土地でした。
つまり、国に所有権のある国有林であったということです。
その後1987年に国鉄は所有の土地を株式会社(JRグループ)
または日本国有鉄道清算事業団に引き継がせました。
この事実はみなさんご存知かと思います。
これによって、当該緑地はJR東日本所有の民有地になりました。

そして去年、ここの緑地が売買され、株式会社福田道路所有の土地になりました。
そのために現在は国有地ではなく、民有地です。

ここで私が伝えたかったのは、この緑地は元国有林であったにも関わらず、
国営企業が民営化されたために、私たちが知らない間に売買され
造成の話が持ち上がった点にも問題があるのではないかということです。

確かに関心を持たず、気がつかなかった私たちにも責任はあります。
しかし、その事実を目の当たりにした今、
元々は国有林、つまり私たち国民の所有物であったものが
国民の大半が知らない間に売買され、開発によって失われる
ということに強く疑問を感じています。
また似たような状況におかれている土地が全国にあるのではないでしょうか。
皆さんにもこのような現状を知ってほしいと思います。


banner
できるだけ多くの方にこのブログを見て頂くために、
一日一回のクリックをお願いします。
全体の面積に緑被地の占める割合を緑被率といいます。

(緑被地=樹木被覆地、草地、農耕地に河川、湖などの水面
 を合わせた「水」と「みどり」に覆われた土地)

仙台市の緑被率(%)=緑被面積(ha)÷仙台市の面積(ha)×100
          =61912(ha)÷78809(ha)×100
          =78.6% 

※平成17年 百年の杜推進部、緑化推進課の資料に基く

この数値は仙台市全域の緑被地の割合になっています。
そのために西部の丘陵地、山林も含まれています。
その中で私たちが暮らす仙台市の市街化区域の緑被率は25%です。

参考までに他都市の市街化区域の緑被率を調べました。
・札幌市 19.9%
・さいたま市 32.2%
・千葉市 17.4%
・横浜市 19.9%
・名古屋市 21.6%
・京都市 24.4%
・神戸市 34.0%
・広島市 22.9%
・北九州市 28.6%
・福岡市 24.9%

※都市緑化施策の実績調査(H17 3月国土交通省)による
 各都市で調査年度、精度が異なる

他都市と比較すると仙台市はまだ緑被率が高いことがわかります。
しかし、今回のここの緑地のように仙台市内には開発によって
失われようとしている緑地があります。
また緑被率からはそこの緑地の質まではわかりません。
公園のように人の手が加えられた緑地や作られた緑地だけではなく
もともとある緑地の保全にも力を入れてほしいと思います。
数値だけではなく、中身の伴う緑でなければ意味がありません。

本当の意味で「杜の都」のブランド力を維持できるように
市街化区域内の緑地も残してほしいと思います。


banner
できるだけ多くの方にこのブログを見て頂くために、
一日一回のクリックをお願いします。
以前にも取り上げた【保存緑地】は全てが仙台市の所有ではなく
土地所有者の協力によって仙台市が指定している緑地です。
理解ある土地所有者の方の緑地を【保存緑地】に指定し
民有の緑地の保全を仙台市が推進しています。

そのためにいくつかの税の優遇等が受けられます。

・固定資産税、都市計画税、特別土地保有税の免除
・土地の譲渡所得(仙台市への譲渡)の特別控除が1500万円になる
・保存緑地内の山林などについて保存緑地保全協力援助金等の交付

現在、46ヶ所が保存緑地に指定され、総面積は662haです。
仙台市は予算の範囲内で保存緑地の買取りをし、
積極的に緑地の保全を推進しているそうです。

※数値は仙台市 百年の杜データ集より

残念ながらここの緑地は保存緑地には指定されていません。
しかし、今から保存緑地に指定することも可能だと思います。
そして今後、仙台市内に保存緑地が増えることを願っています。


banner
できるだけ多くの方にこのブログを見て頂くために、
一日一回のクリックをお願いします。
今日は定例の青葉山観察会に参加してきました。
暖かい日が続いていたのにも関わらず、今日の予報は雪でした。
しかし、時折り小雪がちらつく程度で楽しく散策できました。
春の訪れを感じられるかと、たくさんの方が参加していました。

まず初めにマンサクの黄色い花が曇空にきれいに映えていました。



足元にはタネツケバナのつぼみです。



説明を聞きながらの山の中の散策は新しい発見が多かったです。
一人で歩いていては見落としてしまうような
小さな発見が今日はたくさんありました。


春といえばフキノトウ。
IMGP4785.jpg


みなさん「今年は早い」と仰っていたカタクリのつぼみ。
IMGP4799.jpg


そして動物の痕跡も。何かの巣穴のようです。
IMGP4790.jpg


ここのトンネルを小動物は通るそうです。
IMGP4789.jpg


そして思わず踏みそうになったセリバオウレン。
雄花。
IMGP4801.jpg

雌花。
IMGP4804.jpg


今日はきのこに詳しい方もいらっしゃってスギエダダケだそうです。
IMGP4809.jpg


ブナが生えていたかと思えば、ヒノキ林に出たり
市街地から20分あまりとは思えない自然豊かな場所でした。

IMGP4813.jpg


初めての参加でしたが、とても楽しむことができました。
また所々立ち止まっての丁寧な説明と散策中の会話
貝ヶ森の状況をご存知の方からの応援を頂くことができ、
小雪が舞う程寒い日でしたが、温かい時間を過ごすことができました。

説明の中で青葉山でさえ、知らないうちに開発されてしまうという
危険にさらされていることがわかりました。
そのような状況の中で強い意志を持って
青葉山を守る活動を続けている皆さんに尊敬の念を抱きました。
このような活動を続けていくことは大変なことだと思います。
私たちもがんばりましょう!

banner
できるだけ多くの方にこのブログを見て頂くために、
一日一回のクリックをお願いします。
2007.03.11 23:15 | 他の環境活動 | トラックバック(-) | コメント(-) |
以前ブログでも紹介したてんつくマンによるドキュメンタリー映画の上映会に行ってきました。

107+1 ~天国はつくるもの~
天国を作ろうとしたド素人たちの真実の物語


この映画は沖縄で撮影され、三本の挑戦からできています。
1 不法投棄からポイ捨てまで美しい沖縄のゴミ問題を訴える
2 1kmのマフラーを編んでアフガニスタンの子供達に届ける
3 助け合いの精神を伝えるために沖縄から鹿児島まで手漕ぎ船で渡る

どれも初めは「絶対無理!」と言われた企画だったそうです。
そしてまたこの映画自体、多くの知識ある方々から「絶対無理!!」
と言われながら、制作費を集めることから始まったそうです。
しかし監督であるてんつくマンはそこで諦めずに
8年間の歳月をかけ、制作に必要な費用を集め続け、完成に至ったそうです。

前例がないために「絶対無理」と言われることはたくさんあります。
私たちの運動もその一つなのではないかと私は思います。
しかし、この映画のメッセージは「諦める必要はない」ということでした。
信じる人がいなければ、絶対に奇跡も何も起こりません。
けれど、一人でも信じて活動を続けて行けば何かが起こるかもしれません。
ここの緑が守られるかもしれませんよね。

「そんなこと…」と思われる方がいるかもしれませんが
私は信じて活動を続けていきたいと思います。

この映画の上映会は今後も各地で上映されるようです。
もしも機会がありましたら、是非ご覧下さい。

banner
できるだけ多くの方にこのブログを見て頂くために、
一日一回のクリックをお願いします。
2007.03.10 09:11 | 他の環境活動 | トラックバック(-) | コメント(-) |
福田道路より、ボーリング調査についての連絡がありました。
ボーリング調査は再来週

3月19日(月)

から開始され、約一ヶ月ほどかかるそうです。

車両の搬入口は擁壁が低くなっている2箇所からのみ行われ、
実際には5箇所で調査が行われるようです。
また住宅に近い2箇所につきましては
防音シートを設置していただけることになりました。
調査時には、福田道路の開発事業部の方が責任者となり
何か起こった際には対処していただけるそうです。


banner
できるだけ多くの方にこのブログを見て頂くために、
一日一回のクリックをお願いします。
インターネットが使いない状況にいたために更新が遅くなりました。
その間に様々な意見をコメントで頂いていたことに気がつきませんでした。

この活動を続けていく中で、様々な意見をお持ちの方が
いらっしゃるということが分かりました。
そして私たちの活動が必ずしも正しいと捉えられている訳ではないと思っています。
だからこそ、冷静に多くの方の意見に耳を傾ける必要があります。

しかし私の主張は「緑を守る」ことです。
抽象的ではあるかもしれませんし、それとこの運動との間に
多少、矛盾があるように見られるかもしれません。
けれど私は、自分の思いをこのブログを通して
多くの人に伝えたいと思っています。

私がこの運動に関われる期間は限られています。
その中で、自分にできることをしていきたいと思っています。
これからも、どうぞよろしくお願いします。


banner
できるだけ多くの方にこのブログを見て頂くために、
一日一回のクリックをお願いします。
先日、青葉山の展示会のお知らせをしましたが今週末に観察会があります。

定例青葉山視察会&トトロかんさつかい

日程:3月11日(日曜日)
集合時間:午前10時30分
解散時間:12時30分(予定)
集合場所:宮教大正門前バス待合室


専門家の解説つきで青葉山の中を散策し
そこに生息する生き物や植物の様子を観察できるそうです。
予約、参加費は不要で誰でも参加できるので
興味のある方はぜひ参加して下さい!
今年は暖冬の影響で、もう春の予感を感じられそうですね。

※詳細はこちらの青葉山を守る会のホームページをご覧下さい


banner
できるだけ多くの方にこのブログを見て頂くために、
一日一回のクリックをお願いします。
今日、貝ヶ森生協脇で工事車両が止まっていたのに気がつきましたか?
この車両は仙台市ガス局のものでした。

この道路近くの住民の家でガスの出が悪くなっていたことから
ガス局に連絡したために、錆びついたガス管の点検に来たようです。
点検の結果は分かりませんが、ガス管が古くなっているのでしょう。
以前にもこの地区の家でガス漏れの疑いがあり、
ガス局の方がいらして点検をしているのが目撃されています。
仙台市ガス局ではおよそ20年が交換の時期としています。
貝ヶ森団地ができてすでに20年が過ぎています。
この辺りのガス管も古くなっていることが予想されます。


このようなガス管が埋まっている道路の上を工事車両のような
大型の車両が毎日のように通過したとしたら・・・
またもしも団地ができ、今以上に交通量が増加したら・・・
この古くなったガス管に負荷を与えることになります。
このような問題が起こった時にはどこが補償してくれるのでしょうか。
ガス漏れは生命に関わる問題です。
もしも工事を強行するのであれば、
私たち住民の安全をきちんと考えてほしいと思います。

banner
できるだけ多くの方にこのブログを見て頂くために、
一日一回のクリックをお願いします。
本日、第三回目の説明会が開かれました。
事前に提出した質問書に対する回答をもらいました。

私たちは先日の仮囲い作業時のような騒動になることを不安に思い、
とりわけ、近日中に行われるボーリング調査について質問をしました。
そのため、今回は日程や時間、車両、連絡先等、詳細について
私たちの要望を聞きいれての回答をいただけました。
今後もこのような姿勢で、説明会を続けてほしいです。


また作業の説明を聞くことと「緑を守る」を諦めることとは
同じことではないと私は思っています。
「緑を守ろう!」という気持ちに変化はありません。


banner
できるだけ多くの方にこのブログを見て頂くために、
一日一回のクリックをお願いします。
2007.03.04 22:24 | 経緯 | トラックバック(-) | コメント(-) |
福田道路によって、明日第三回説明会が開かれます。

日時:平成19年 3月4日(日)
   午前10時より正午まで

場所:貝ヶ森市民センター大会議室
   (模型展示のみ午前9時30分より隣室にて行います)

福田道路は既に十分説明し、これ以上の説明会は必要がないと
考えているように思わせる文章と共にこのお知らせを送ってきました。
しかし、私たちにはたくさんの疑問が残っています。
ここが新しい団地であると言えども、団地ができた当時から
暮らしている近隣住民が造成に対し、不安を感じているのです。
業者がこの緑地を知ったのは、去年だったのではないでしょうか。

ここに暮らしている住民が土地のことをよく知っているはずですよね。
その私たちが不安に感じていることを
無視してはいけないのではないでしょうか。

説明会では具体的に質問事項を挙げていきましょう。


banner
できるだけ多くの方にこのブログを見て頂くために、
一日一回のクリックをお願いします。
2007.03.03 00:09 | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(-) |


20070228100735.jpg
クリックすると写真は拡大します。

古くからお住まいの方から、昔の緑地の写真をお借りしました。
この写真は昭和58年辺りに撮影されたものだそうです。
当時はこの擁壁の上を散歩されていた方もいるようです。
杉の木がまだ植えられたばかりで、未熟なのがわかります。
他の場所でも、以前は小さかった木がだんだんと生長し
今のようなうっそうとした森になったのだと懐かしそうに
教えて下さる方がたくさんいらっしゃいます。
この森と共に成長してきた団地だと言うことがわかりますね。


参考までに現在はこのような状態です。
34.jpg


20数年の間に木が生長し、森が豊かになっているのがわかります。
現在はここの緑地には簡単には入れそうもありませんね。


banner
できるだけ多くの方にこのブログを見て頂くために、
一日一回のクリックをお願いします。
2007.03.02 10:21 | 緑地と周辺の説明 | トラックバック(-) | コメント(-) |



新しい横断幕が次々と作製されています。
今回は「環境無視の造成反対!」です。

以前からこのブログでも紹介していますが
今は様々な環境保護を訴えるイベントが行われています。
地球温暖化の問題が深刻になり、ここ数年が分岐点と言われています。
今動き出さなければ手遅れになってしまうのではないかと…
これをただの脅しととるのか、真剣に受け止めるかは自由です。
しかし地球の平均気温が上昇し続けているのは事実です。

そのために今は企業も環境に配慮していることを
大々的に宣伝し、イメージアップを行っています。
そして仙台市もさまざまな環境イベントを主催し
市民に環境保護を推進しています。

このような時代背景を無視するかのような、今回の造成。
環境に配慮しない造成は時代遅れではないでしょうか。


banner
できるだけ多くの方にこのブログを見て頂くために、
一日一回のクリックをお願いします。
| ホーム |